贈与と相続どちらが得か?

hirosue04.png 贈与税は、ある一定額を境に相続税よりも税負担が大きくなります

生前に贈与することを検討する場合、生前に贈与した場合の贈与税額と、このまま贈与せずに相続が発生した場合の相続税額を比較し、無駄な税金をかからないような贈与を検討する必要があります。

また、将来相続税評価額が高くなると思われる財産について、評価額が低いうちに贈与することで、全体としての税金の負担を抑えられるということが考えられます。


贈与分岐点

生前に贈与を検討する場合は、以下の贈与分岐点を目安に、無駄な税金がかからないような贈与を検討します。

genkaizeiritu0001.jpg


この贈与分岐点以下の範囲で財産を贈与した場合には、贈与した方が全体としての税金の負担を抑えることができます。

生前贈与は計画的に

贈与後3年以内に相続が発生すると、その贈与財産は、相続財産に含まれることとなるため、相続税が課せられます。

したがって、相続の開始が近いからという理由で、直前に贈与をして相続税を減らそうとしても、3年以内に相続が発生した場合は、相続税が課せられてしまいますので注意が必要です。




無料相続相談のご予約はこちら

※生前対策・生前贈与に関するご相談に関しては、ご相談内容自体がサービス提供となるため、
30分間のご相談につき5千円(税込)のサービス料をいただいております。あらかじめご了承ください。

スタッフ紹介

サポート料金

アクセス

事務所案内

スタッフ紹介

お問い合わせ