相続税申告事例

大阪市内にお住まいの不動産オーナーの方

相続の概要

大阪市内にお住まいの不動産オーナーの方の相続税申告事例です。
相続人は、配偶者1名と2名のお子さん。基礎控除は8,000万円ありました。
現預金3,000万円に加え、不動産が1億7千万円の高額評価となっていたため、税理士に相続税申告をご依頼されました。

現金以外の財産が全て不動産だったため、
基礎控除以外に節税できるポイントが、不動産評価の減額となっていました。
不動産評価減の手法として、
不整形地・セットバック・高低差・小規模宅地及び、小規模宅地の特例を使って相続税の減額を行ったことに加え、遺産分割の方法を工夫することで、大幅に相続税額を減額する事に成功し、相続税納税額にして約1,270万円減額することができました。


相続人と控除額


・構成:3名(配偶者1名、子供2名)
・基礎控除額:8,000万円
3.jpg

税理士による相続税減額の内容

加古源吉1.png
 

⇒税理士に相続税申告をご依頼いただき、約1,270万円の節税効果!

相続税申告のご相談は、無料相談で税理士にご相談ください!

相続税申告事例

ここでは、当事務所にご依頼いただいた方の相続税申告事例をご紹介させていただきます。
順次掲載していきますので、ご参考ください。
   
不動産オーナー(大阪).jpg不動産オーナー(知多).jpg

不動産オーナー(名古屋).jpg不動産貸付業(知多).jpg

不動産貸付業(名古屋 ).jpg不動産賃貸業(知多).jpg

不動産賃貸業(名古屋).jpg不動産賃貸業(半田).jpg

公務員の方2(東海).jpg公務員の方2(半田).jpg




無料相続相談のご予約はこちら

※生前対策・生前贈与に関するご相談に関しては、ご相談内容自体がサービス提供となるため、
30分間のご相談につき5千円(税込)のサービス料をいただいております。あらかじめご了承ください。

スタッフ紹介

サポート料金

アクセス

事務所案内

スタッフ紹介

お問い合わせ