相続コラム vol.2 「宗教」


ご依頼主の相続人N様の、ご兄弟の方からお電話がありました。
「あんたは、●●会のまわしものだな!」
私は何のことか意味がわからず、
思わず「いえ、私は無宗教です」と答えてしまいました(笑)

相続人間で遺産分割争いをされており、
N様が●●会の熱心な信者だったため
●●会から派遣された税理士だと思われたそうです。

怒りでいっぱいの電話口の相手も、冷静にご説明すると、最後
 
「なんか、あなた、いい人そうだね。分かりました。お願いします。」と言っていただきました。

claimer.png
 
woman_surprise.png
よくよくお話を聞くと、
N様は奥様の関係で●●会の信者として、
熱心な信者活動をされており、
お金をそちらへ回してしまったのではないかということが原因で、
兄弟間で争いが起きているとのことでした。

ですが
宗教はN様のみならず、
ご兄弟のC様は○○会 H様は○○教、
と皆さん宗教に入信されているケースでした。
 

このようなケースの場合、通常よりももっと遺産分割は大変になります。
 
結果、申告期限までに分割できず、
法定相続分で取得したという仮の分割で申告書を作成し、
納期限までに納税をすませました。

問題は
期限内の遺産分割が要件となる
 
 ・小規模宅地の特例
 ・配偶者の税額軽減
が使えないことです。

このケースの場合は、本来の倍の納税を行いました。
分割協議が成立してから
4ヶ月以内に、「更正の請求」手続きを行い、
払い過ぎた税金を取り戻すことになります。

その間にも、分割未確定の状態で、
固定資産税の精算をしなければならなかったり、
入ってきた地代を誰のものにもできなくなったり、
利用できるはずの土地が利用できなくなったり、
大変なことがたくさん起こっています。
注意の女性.png
 
なるべく早く期限内に遺産分割をできるのが、
税務申告にもご家族にとっても良いこととなります。

そのため、なるべく争いを避け、
常に円満分割できるような助言をさせていただいております。
 




無料相続相談のご予約はこちら

※生前対策・生前贈与に関するご相談に関しては、ご相談内容自体がサービス提供となるため、
30分間のご相談につき5千円(税込)のサービス料をいただいております。あらかじめご了承ください。

スタッフ紹介

サポート料金

アクセス

事務所案内

スタッフ紹介

お問い合わせ