0120-758-260

つながらない場合は052-737-5227

受付時間:9:00~18:00

  • ホーム
  • 事務所紹介
  • 所員紹介
  • 無料相談
  • 料金表
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 選ばれる理由
  • アクセス

課税枠の拡大

2009年の税制改正が行われた結果、親から住宅取得資金として贈与を受ける場合、非課税枠の特例が拡大しました。

以前は500万円だったものが、2010年中に贈与を受けた人は非課税枠が1,500万円に拡大し、2011年中に贈与を受けた人は非課税枠が1,000万円となりました。
また住宅取得資金の贈与に関する相続時精算課税制度の特例のうち、特別控除の上乗せを廃止することとしています。

ようするに、子供や孫への住宅取得資金の贈与について、一定の条件を満たすことで1,500万円まで課税されないということです。

ここで重要となることが、非課税枠の範囲でも特例の適用を受ける場合には、贈与税の申告が必要であるということです。

非課税枠の範囲内の額で贈与されたからといえど、それだけで控除になるわけではないため、注意が必要です。

申告時期は贈与を受けた年の翌年2月1日から3月15日までです。

従来の非課税枠に合わせて適用が可能

また、この特例は、暦年課税、もしくは相続時精算課税制度の従来の非課税枠に合わせて適用可能となります。

暦年課税を選択した場合、現行の基礎控除110万円と併せた1,610万円までの贈与税が非課税となります。
また相続時精算課税制度を選択した場合は、特別控除2,500万円と併せた最大4,000万円までの贈与税が非課税となります。

この優遇制度を上手く利用し、円滑な遺産相続を進めていただければと思います。

お客様の声
期限が近かったにも関わらず対応いただきありがとうございます/2018年9月3日
相続税の手続きの仕方がわからず、もたついていて気が付けば期限間近になっており、困っておりました。 勤務地が名古屋なので、名古屋で面談していただけたことも大変助かりました。ありがとうございました。 …
親身になって相談いただきました/2018年8月11日
相続について全く分かっておらず、不安ばかりでしたが、花田先生に、ご相談させていただいて、親身になって相談に乗っていただき、無事に相続の手続きが完了できたので良かったです。貴社を選んで本当に良かったと思…
大変満足しています/2018年7月11日
初めての相続税申告でしたが、わかりやすく丁寧に教えていただき、スムーズに完了することができました。 ありがとうございました。
一人で悩んでいる時間が無駄でした/2018年7月11日
相続関係のことは、わからないことだらけで、大変でした。 一人で悩んでいても、先に進んでいかないので、役所や税理士さん、司法書士さんのところへ行って、どんどん話をしていったほうが不安が解消されました。…
その他のお客様の声はこちら

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
PAGETOP